2015 久慈秋まつり にいってきました(3)



2015 久慈秋まつり シリーズ


 

 

ちょっとおやつ食べ過ぎですよね。わかってます、自分でもわかってるんです。

十分自覚はあったからくり屋永匠堂です、こんにちは。

 

ここに今日からガムでがまんすることを宣言します!

 

恐怖の心霊写真ガム 24個入 食玩・ガム
トップ製菓
販売価格 ¥1,037(2017年9月12日15時36分時点の価格)

 

さて2015年の久慈秋まつり、全8台の山車のうち後半の4台をご紹介します。

 

2015久慈秋まつり
青空に勇壮な山車が並ぶ!

【巽町山車組】

「白蛇伝」

見返し:雷峰塔を焼きつくす小青と火の神たち

 

 

【め組山車組】

七福神

見返し

題名の表示なし(ガイドブック「山車ものがたり」には「今年も挑戦・・・・」と記載)

 

 

 

【備前山車組】

「節分の鬼」

見返し:久慈城絢爛雅正の楽

 

 

 

【に組山車組】

~ 清衡 ~

見返し:鯨神

 

 

以上、後半の4台をご紹介しました。

 

どの山車も本当に立派で、製作の色々な苦労を乗り越えて完成させたことが伝わってくるような、細部にまでこだわった造りでした。

 

後半の4台になってくるとからくり屋永匠堂がいた場所は建物で日陰になってしまったため、山車が半分暗い状態で写ってしまいましたね…。

華やかな場面、コントラストを活かした表現、金の輝きを強調した構図など、もっと日が当たっている状態で撮影できればよかったなぁ…、と今更ながら勿体無く感じます。

 

実際に祭り会場で山車をご覧になると、からくり屋永匠堂が撮影した写真の数倍以上華やかで圧倒されますから、今年見に行けた方は来年も、今年見に行けなかった方は来年こそは!実際に生で山車を見て欲しいと思います。(←いいわけ)

 

今年も全体的にレベルが高くなっていると感じた久慈秋まつりの山車。

本当に絢爛豪華という言葉がぴったりの、素晴らしい祭りでした!

 

来年は各山車組がどんな趣向を凝らし、どんな山車を完成させ、どんな豪華な山車行列を見せてくれるのか。

 

今から楽しみになりますね!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でからくり屋永匠堂をフォローしよう!


よく一緒に読まれている記事
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status