2017八戸三社大祭
パタンコ中心部分ができました!②
十六日町山車組の山車作り


息子の過剰攻撃により天国へと旅立ったパンチくん1号に変わり、新たな挑戦者パンチくん2号をプレセントしたからくり屋永匠堂です、こんにちは。

今度はもっと大事に使ってね…。

 

でもまた壊れるんだろうな…。

 

さてさて、今年骨から作り直した十六日町山車組のパタンコ。

その中心部分が完成するまでの作業風景です。

パタンコ中心部分作成の後半戦開始です!

 

―――蜀!
パタンコ中心完成へ

文字の立体化と枠合わせ

前回文字を切り抜き立体化、そして枠に合わせて見るところまでをご紹介しました。

この蜀の文字が映えるようさらにひと工夫、ふた工夫を加えます。

 

文字に色つけ 縁に金具

さて枠内でのバランスを見ることもできたので「蜀」の文字に色を付けます。

ヒガシくんによる塗装。

表面は金、断面は赤にしました。ものすごくお目出度い感じになりましたね。

そしてこちらではアヤカが円盤外周に取り付ける装飾を切り抜き中です。

ここから円盤・文字・装飾を組み合わせていく作業に入ります。

 

「蜀」の文字取り付け

さあ塗装済みの「蜀」の文字。とうとう取付作業です!

細い部分が折れないように慎重に運び…。

サブロクのカネライトフォーム2枚から作られた、2分割されていた文字を1つに合体。

レーザー墨出し器で水平と垂直、円の中央を確認しながら円盤の中で最もバランスが取れている場所を探します。

こうしてボンドと釘により取り付けが完了。

そして円盤に最後の仕上げです。

 

パタンコ中心部分が完成!

さあ最後に外周部分に装飾を取り付け。

これにてパタンコ中心部分が完成です!

 

パタンコ全体の完成までは
まだ折り返し地点

パタンコの中心部分、パタンコ製作第2行程についてはこれにて作業完了。

さあ次は第3行程。この円盤の両側に龍の彫刻が付く予定です。

そして最後に第4行程。その準備も進んでいます。

2017年八戸三社大祭、十六日町山車組のパタンコの全体像、そして主役人形の背景として調和が取れるかどうか。

まだまだ作業は続きます!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でからくり屋永匠堂をフォローしよう!


よく一緒に読まれている記事
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status