軽米 本町新栄団さんの
山車製作が始まりました


大きい海老をもらったので焼いて食べようと思ったら、剥いたそばから全部息子が食べてしまって一口も食べられなかったからくり屋永匠堂です、おはようございます。

 

いいもん外で食べるもん!

フフフ…。

 

さて、8月も残すところ数日。

なんだか涼しくなってきて秋の風を感じるようになってきました。

 

そう、秋祭りのシーズンです!

 

十六日町山車組が今年制作協力する秋祭りはなんと3本立て!

 

三社大祭終了後、お盆中の山車展示や製作協力している山車組の人形作りなどもあり、長者まつりんぐ広場の山車小屋では十六日町山車組のメンバーが少しずつ作業していました。

 

wpid-p_20150826_100154_ll.jpg

こちらの顔は人形師マツハシさんによる新作の南祖坊

十和田で龍と戦う予定。

 

wpid-p_20150826_100426_ll.jpg

かぐや姫も再登場。こちらは二戸から月に還ります。

 

 

 

そして軽米秋まつりに向けて、本町新栄団さんの山車製作がスタートしました!

 

今年の軽米秋まつりは9月19日から。

作業日程としては昨年や一昨年より少し余裕がもてる日程です。

まつりんぐ広場でのパーツ作成と、軽米での現地作業を繰り返して、9月13日の山車完成を目指します。

 

今年も題材は八戸と同様に「鳴神」。

本町新栄団さんの山車にも大きめの滝を配置します。

 

ということで軽米での現地作業初日。

P_20150829_112552

まずは大工作業から。

 

 

本町新栄団さんのメンバー数名と、十六日町山車組のメンバー数名で、相談しながら作業を進めていきます。

ある程度山車の上の配置も決まり、初日の作業が終了して山車はこんな感じ。

 

P_20150829_145801

 

山車中央に配置する滝の形がある程度完成!

この他に見返しの背景の製作や昨年の主役背景の解体なども同時進行しました。

 

さあ、十六日町山車組の「鳴神」が本町新栄団さんの山車の上でどう組み直されるか。

十六日町山車組のメンバーも楽しみです!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でからくり屋永匠堂をフォローしよう!


よく一緒に読まれている記事
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status