山車帰還!
軽米秋まつりにむけて解体作業

おしらせ

からくり屋永匠堂は
【三戸町旅ライティングコンテスト】
に参加しています。

永匠堂の書いた記事はこちら


気に入って頂けたら
コンテスト記事の一番下にある
いいねシェアをお願いします!

知れば知るほど好きにニャっちゃう!
三戸町は行ってみたいどころか住みたくなるまち

Pocket

雨の中、にっくき草どもとの戦いに終止符を打つべく土木作業をしていたからくり屋永匠堂です、おはようございます。

 

除草剤をたっぷりぶっかけて数日、枯れかけの草どもを刈り払い、新たにグランドカバーとしてコグマザサの苗を植え付けました。

 

ふははは…!

これで台風が去って日が差したらあの草どもに最高の嫌がらせができるぞ!

 

なーんて心のなかで叫びながらずぶ濡れで作業してました。

数年後に増えすぎたササで悩む可能性のことは今は考えない…考えない…。

 

[amazonjs asin=”B003SNWU36″ locale=”JP” title=”【6か月枯れ保証】【笹類&芝生】コグマザサ 0.2m”]

 

さてさて、六戸へ出張していた十六日町山車組の山車ですが、無事に六戸まつりを終えて長者まつりんぐ広場の山車小屋へと戻ってきています。

 

1442005791359

 

ほんのちょっとだけ、帰りの運搬で雨と風を受けて破損してますが。

 

さて山車が戻ってきたので、早速解体作業です。

軽米秋まつりの本町新栄団さんの山車に移植するため、必要な人形や飾りなどを外します。

2日間に渡り数名での作業。

 

 

「ここ、取り付けたの自分だけどなんでこんな方向からビス打ったんだっけ…?」

 

「あ~…ここ仕掛けの動きで干渉して、結構削ってやっとついたなぁ…。」

 

「おおお…なんだこれ(笑) すげー無理やりつけてるじゃん(笑)」

 

 

などなど、今年の山車製作期間を少し振り返ったり、またはなぜか全く思い出せなかったりしながら外していきます。

作るのはあんなに時間がかかるのに外すのはあっという間。

 

wpid-p_20150908_221716.jpg

wpid-p_20150908_221703.jpg

 

前面の主役と見返し、それぞれの鳴神上人の人形の顔も外れて…。

 

wpid-p_20150908_221802.jpg

 

軽米に持っていく予定のパーツが山車の横に並びます。

(ちなみに両隣、鍛冶町附祭若者連さんと糠塚附祭組さんの山車は別の祭りへ出張中。)

この人形たちを本町新栄団さんの山車の上で再配置し、新作のパーツと組み合わせて新しい山車となります。

 

 

台風も過ぎ去り、この週末は本町新栄団さんの山車完成に向けて勝負の2日間!

できれば確実に晴れの予報になっている土曜での完成を目指します。

 

さあ、今日も山車作り。

いってきます!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でTwitterで からくり屋永匠堂 をフォローしようをフォローしよう!

こちらもよく一緒に読まれています
こちらも読んでいきませんか?
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status